摩利支天様とご縁を戴いたのは・・・

私・・・おかしいんでしょうか?

摩利支天様と天之御中主神様が同じ神様のように感じて仕方ないのです。

 

それは同じ日に、同じメッセージを戴いたり、とにかくとにかくそう感じて仕方ないのです。

 

私が摩利支天様とご縁を戴いたのは、もう20年以上前です。

当時夫の転勤で茨城県土浦市に住んでいた時に、不思議なご縁で知り合った占い師さんから摩利支天様とのご縁を戴きました。

その頃占いは好きでしたけど、スピリチュアルのスの字も知りませんでしたし、上野の徳大寺まで参拝に行っているのにも関わらず、そこにいらっしゃる神様が摩利支天様だと知らず、誠に失礼ながら興味もなく、ただ守って下さっているという感謝の気持ちだけでした。ある時占い師の山崎さんから、20万円する水晶を2万円で戴けるので、これは持っていた方が良いと言われました。この水晶は永遠にあなたとあたなの家族をあなたがこの世を去った後も守ってくれると言われました。

それは素敵!!と思って水晶を我が家にお迎えしたわけです。毎日水晶に触って「今日も私たちをお守りください」とか、その頃歩合制の美容室で働いていたので、指名が付きますようにとか、売り上げを上げられますように、とお願いしていました。

1日と15日にはお酒と塩を取り換えて、毎日触ってお願いをしていました。ちなみに私はその頃働いていた美容室で指名、売り上げがトップでした。私の人生、いつが一番幸せだった?と聞かれたら、私は迷わず土浦に住んでいた時が一番幸せだった。

(今も幸せです♥)と答えます。バリバリ働かせてもらって仕事は毎日楽しかったし、子育ても超楽しくて、有給もあり、休みたいときに休みたいだけ休めたので旅行もいっぱ行きました。いま思えばあの時の幸せは摩利支天様のお蔭だったのではないかと思うのです。

 

でも札幌に引っ越して数年経ってからでしょうか、水晶にあまり触らなくなっていき、お酒と塩もいつの間にか忘れていったのです。そうですね・・・スピリチュアルに目覚めてからもしばらくはそうでした。ですがある時ふと思ったわけです。

「この水晶はどの神様がいらっしゃるのだろう?」上野の徳大寺の名前は覚えていましたので調べてみました。(遅っ)(笑)

そこで摩利支天様のお名前を知り、そのご利益を知り、水晶に改めて触れたのです。なんと!!なんと凄い波動の高いエネルギーなんでしょう・・・びっくりし過ぎて声も出ませんでした!!「やっと気づいたのですか?私のエネルギーがわかるのですか?」・・・こうでした・・・。もう、嬉しくて嬉しくて、記憶が一気に20年前に飛びました・・・もしかしてその頃から私はスピリチュアルの世界を人に教えて行くことになっていたのですか?「はい。そうです・・・その通りです」と言っていただきました。そして、そしてです!最近どうにも、こうにも思うのです!感じて仕方ないのです。摩利支天様と天之御中主神が同じ神様ではないのか・・・?天之御中主神さまとはミコトレイキでご縁を戴き繋がることができるようになりました。波動といい、時々戴くメッセージといい、同じだ・・・同じだ!同じだ・・・。それってやっぱりおかしいでしょうか・・・?

 

でも、もうそう思ったら変えられないので、私の中で摩利支天様と天之御中主神様は同じ神様・・・。そう思うことにします。

だって「良い。合っている。」そう言って頂いていますので・・・。

 

私たちが当たり前だと思っていることのほとんどは みんながそう言ってる、みんながそう思ってるからそうなんだ。

なんです。宗教の教えのほとんどは人間が決めたことだと高次元の存在たちがおっしゃっています。

近年地球の波動が上がり、これからは精神性に目覚め、今までのような物質的満足では満たされず、個人個人の心が満たされることが真の幸福を感じられる時代になって来ています。みんながそう言っているのだからそうなんだ!はもう終わりです。

スピリチュアルを学ぶ、瞑想、高次元と繋がる、本来の自分を取り戻す、自分で見て、確かめて、ハイヤーセルフやガイドや高次元の存在から頂いたガイダンスで確信したものだけが本物。

誰がなんて言おうと、それが本物・・・。私はそう思っています。摩利支天様は天之御中主神様です。私はそう信じます♪