SNSから離れてひと月・・・

 

私はもともと、あまり熱心に

SNSを活用しない方でした・・・

 

しかし7月に入った頃から

なぜかやたらと気になって

気づけばフェイスブックを覗いているのです

 

それも一日に何度も、何度も

自分でもわからない!

なぜ気になるのか・・・?

 

そして気づけば

不安になるような記事や

批判っぽい記事や

価値判断を感じさせるような記事にも

興味を示し

 

なんだかわからないけど

一生懸命チェックしているのです

 

で、そのうちに

なんだか空しい気持ちになってきて

 

あ~

必要ないんだな

私には

 

と、心変わりしたのです

 

それでフェイスブックのアプリを

スマホから削除したのですが

 

一週間ほど経って

 

北海道地震が起こりました

 

あのとき既に

親しい人たちとのLINEくらいしか

スマホを使っていませんでしたから

 

情報過多による

マインドの疲れは癒されていました

 

地震が起きた後も

サラッと

地震関連の情報を見ただけです

 

地震後の朝の

 

あの神聖な空気

 

静かで清められた波動

 

あの感覚を味わえた人は少ないでしょう

 

停電でテレビも見れなかったから

 

なお、良かった・・・

 

 

 

 

私のハイヤーセルフや

ガイドたちは

 

私に

 

まず経験をさせるのです

 

今回のSNSの場合だと

嫌ってくらいハマらせて

 

そして

いまの自分には

必要ないのだと

気づかせてくれます

 

こういったやりかた・・・

 

時には激しく

 

これが

 

私のハイヤーセルフと

ガイドのやり方です

 

 

最初は戸惑いましたが

もう、最高です!!

 

 

 

いまはパソコンを開いたときにだけ

フェイスブックを覗き

 

たまぁ~に写真を撮ったものを

UPしているくらいです

 

で、今日

 

久しぶりにUPしました!

 

 

 

モリヒコ・TSUTAYA

 

ここは最高ですよね!!

 

今日もカプチーノ飲みながら

一冊、気になる本を

読み終えてしまいました

 

読んでしまったんだから

買わなくてもいいよなぁ~

 

そう思って違う本を一冊購入して

帰って来ましたが

 

買った方が良いってさぁ~

 

 

もちろん

タナちゃんが(*^。^*)

 

 

 

 

 

手の平に収まるくらいの小さな本

でも中身が濃い

 

 

私たちは生まれてから数年のうちに

脳に設定されてしまう

初期設定

 

これをそのままにして

成長して行くと

 

私たちのお母さん、お父さん

おばあちゃん、おじいちゃん

もっというとご先祖様・・・

 

あとは住んでいるお家の

ご近所の大人たち

 

学校の先生

 

この大人たちが持っている観念を

そのまま私たちに固定観念として

植えつけられるということです

 

 

毎日を無意識に生きている人は

この初期設定されたまま

アップグレードなしに大人なった人

 

といえます

 

私たちは

本当はもっと自由なのだ

 

自分で選べるのだ

 

すべてを・・・

 

こういう本です

 

 

因みにこの方は

ケニオン大学で名スピーチをした

デヴィッド・フォスター・ウォレス

という作家です

この本はその時のスピーチ

「これは水です」の完訳版です

 

是非読んでみて下さい♪

 

 

私も明日買に行きます

なぜ読み終えた本を買いに行くのか?

 

この本を読んで

そのことに気づいた人は凄いです!

是非感想をメールで教えて下さい

 

 

 

私たちに経験をさせてくれるのは

高次元の存在です

 

あなたが霊的成長を望みさえすれば

いまのあなたにピッタリで

ユニークな方法で

アイデンティティを磨いてくれるのです

 

さあ言って!!

 

私はもっと成長したいです

輝きたいです