· 

心と感情の違いは

 

朝から雨・・・

 

そして10月だというのに

 

蒸し暑い

 

でも寒いよりいいかも

 

(*^▽^*)

 

 

 

昨日第4チャクラは二つある

 

と書きましたね

 

胸=こころ

 

みぞおち=感情

 

 

これを腑に落とすには

 

こんな捉え方が良いと思います

 

ブロックがどのようにできていくのか

 

そんなことも理解できるでしょう

 

 

 

心を海とする

 

つまり

 

海(心)は私たちの中に在る

 

 

みぞおち

 

感情を波とする

 

様々な感情により

 

海(心)に波が起こる

 

感情は

 

嬉しいとかワクワクするとか

 

すき♡すき♡すきーとか

 

涙がでるほどの深い愛であったり

 

愛おしさであったり

 

腹の底から込み上げてくる

 

笑いであったりと

 

ポジティブな感情がたくさんあります

 

 

そしてネガティブな感情に中にも

 

悲しみとひとことで言っても

 

深い悲しみから

 

哀しいね。。。みたいなものもある

 

厄介な嫉妬という感情

 

妬みという感情

 

自己を否定する感情です

 

不快だ

 

腹が立つ

 

怒りが込み上げてくる

 

それからネガティブの他に

 

忍耐という感情もありますよね

 

我慢する、堪える

 

本当に

 

私たちの感情とは色々です

 

 

心に栄養が足りていない

 

とは

 

良くも悪くも

 

感情が揺さぶられることが無い

 

ということではないでしょうか

 

 

ポジティブな感情だけでは

 

心は強くなれないし

 

ネガティブな感情だけでは

 

心が枯れてしまう

 

 

どちらの感情も

 

私たちには必要なんですね

 

 

スピリチュアルを探求するひとは

 

特にこの両方の感情を

 

バランスよく補給する必要があります

 

 

ポジティブが

 

ネガティブや忍耐が

 

 

くらいがいいようですよ

 

私の内なる君が教えてくれました♪

 

 

 

 

そしてネガティブな感情からは

 

逃げないことです

 

これがとても大事だと感じます

 

 

 

逃げてしまうからブロックができる

 

 

ネガティブな経験をしたとき

 

その時の感情を中途半端に味わい

 

苦しくなって、途中で

 

無かったことにしてしまうと

 

その感情は

 

海の底へと沈められます

 

それがやがてブロックとなります

 

 

そんなこと知らなかったよね

 

知らなかったから

 

私たち

 

ブロックを作ってしまったんだよね

 

 

でもこれからは違う

 

もう、逃げない

 

 

苦しい経験、悲しい経験

 

こういう経験は魂に叡智を届けられる

 

貴重なものです

 

 

精神性の高い人の中には

 

今回の人生で大病を選び

 

痛み苦しみの中から

 

精神性を磨くということを

 

選んでくる人も多いといいます

 

 

あるいは心が引きちぎられるような

 

心の痛みを経験することで

 

魂に叡智を持ち還ることを

 

決めて来ている人もいるそうです

 

 

聖なる領域である

 

魂に何かを刻むということは

 

そう簡単ではないのですね

 

楽をして得たものなど

 

魂に刻まれることは無いのですよね

 

 

あ~ 。。。

 

こうなると、本当に

 

アセンデッドマスターの皆様への

 

リスペクトが強まりますよね

 

考えただけでため息がこぼれます

 

 

すごいな・・・

 

 

とにかく私たちは

 

今後、ネガティブな感情から

 

絶対に逃げないこと

 

 

しっかりとその感情を味わう

 

とことん、とことん感じる

 

感じて、感じて、感じて

 

苦しい感情が

 

なにか、違うものに変わるまで

 

それを感じ続けること

 

これが必要なのかもしれません

 

 

これをやることで

 

精神性が磨かれるのですね

 

私たちは深い

 

素晴らしい存在だ

 

ですね。。。