· 

光と闇は8対2のバランスがgood♪

 

 

 

昨日、今日と、二日間にわたり

 

たっぷりと光と闇について

 

天から降りてきていました

 

それは、光と闇は永遠に続く

 

というものでした

 

 

闇がないと光を感じられない

 

光だけではスピリチュアルな成長は

 

あり得ないし、できない・・・

 

 

これは、惑星レベルでいえること

 

宇宙を創造した神である

 

創造主

 

以外の存在、全てにいえるようです

 

 

もちろん次元が上がるにつれて

 

光と闇の姿かたち、質は変わります

 

 

上の次元にいくと

 

これは、私の想像ですが

 

闇は

 

カレーに加えるスパイスのようなもの

 

この世界のように

 

残酷だったり

 

ドロドロしたものではないでしょう

 

 

ピリッとした辛さ苦さ?なのかも

 

それを感じて、感じて

 

気づきを繰り返していくのだろうと

 

そう、想像しています

 

 

この、光と闇のバランスは

 

数日前にも書きましたが

 

光が8で闇が2

 

このバランスが最高なんだそうです

 

 

 

少し話を変えますが

 

我が家の敷地内の雑草

 

これにトホホ・・・"(-""-)"

 

私は一戸建てに住むのは初めてで

 

なので雑草のことを

 

よく知らなかったのです

 

今までは結構ほったらかして

 

ある程度伸びたら一気にやる!!

 

みたいなことをやっていたのですが

 

違うんですね

 

 

もっと早くに知りたかった~

 

ちょろっと姿を現したら

 

すぐに摘み取るのが良いそうで

 

ほおっておくと地下に

 

根を広げていくのですよね

 

だから見つけたらすぐにやる!

 

行動する!!ですよね

 

まだ、できていませんが"(-""-)"

 

 

 

闇も同じことが言えるようです

 

つまりネガティブな感情が

 

上がって来たらすぐに対処する

 

それは

 

いま、なぜ

 

この感情が上がってきているのかを

 

真正面から視ること

 

 

絶対に逃げないことです

 

逃げてもどうせ追いかけてくるし

 

見ないふりをしても海(心)の底に

 

沈んでいくだけなのです

 

 

ですから8対2の

 

2のうちに摘み取ることです

 

ほおっておけばおくほど

 

それに関連した

 

闇に反応するようになり

 

2は3、4、5と

 

自分の中で

 

大きくなっていくわけですね

 

 

光と闇の統合

 

それは

 

無かったことにすることじゃない

 

 

闇と向き合うことです

 

感じて、感じて、感じて

 

闇に光がさしてきて

 

違うものに変わるまで・・・

 

つまり光に溶け込んでいくまで

 

 

ということなのですね

 

 

どの次元に居ても闇は在り続ける

 

上の次元に行けばい行くほど

 

闇の扱いが上手くなり

 

統合は早くなり

 

闇を恐れなくなる

 

 

これを何千年、何万年も前に

 

マスターしたのが

 

アセンデッドマスターの皆様です

 

私たちの目指すところ

 

 

 

なに言ってんだよ!

 

そんなことできる訳ないじゃないか!

 

 

こんな声が聞こえてきそうですが

 

(*_*;

 

 

でも、これを知っているのと

 

知らずに毎日を過ごすのとでは

 

全然違う

 

そう、思うのです

 

 

私たちがやるべきは

 

光と闇の両方が大事なんだと

 

自分自身に腑に落とすこと

 

 

闇、この経験、この感情には

 

意味があるのだ

 

霊的成長ができる

 

タイミングがやってきたのだ!!

 

ファイト!!

 

ってことですね

 

 

私もね

 

ほんと、繰り返していますよ

 

光に満たされたと思えば

 

成長のタイミングで

 

次のネガがやってくる

 

 

 

それは8対2というくらいですから

 

例えばの話

 

1年間を想定して考えてみると

 

1年間は365日ですから

 

その80パーセントの

 

約292日間は光に満たされていて

 

残りの約73日間は何かしらの

 

ネガと向き合っている

 

(これがベストな割合だそうです)

 

 

こうして考えてみると

 

結構、ネガの日も多いですよね

 

でも、これくらいじゃないと

 

心は強くなれない

 

そして光を十分に受け取れない

 

ということなのでしょうね

 

 

私たちは

 

本当に神秘的な存在ですから

 

このように数字で表せるほど

 

単純じゃないですけどね

 

(*^-^*)

 

 

ネガが光に溶け込むまで向き合う

 

また光に満たされる

 

光が大きくなる

 

これを繰り返していく

 

 

 

私もこの経験により、ここで絶対に

 

やってはいけないことにも

 

気づきました

 

 

そうです

 

逃げないこと!

 

向き合うこと!

 

 

そして集合意識的な学びは別として

 

他者をこの聖なるプロセスに

 

交えないことです

 

 

 

 

自分のためだけに

 

この経験が来ているのだと決める

 

 

これは絶対にあの人のせいでしょ

 

と思えることでもです

 

 

あの人は自分の鏡なのですから