· 

龍とドラゴン♪

 

 

ラムサ

 

愛という名の

 

エリクサー

 

改訂版がAmazonから届きました

 

じっくり読んでみまーす♡

 

 

 

 

 

何十年も前に出版された著書を

 

改訂版として出版されるとき

 

少し、時代に合わせてといいますか

 

私たちの目覚めに合わせて

 

別の視点で、あるいは

 

もっと内容が濃くなって?とか

 

見直している部分があるのですかね

 

 

何十年も前には理解ができなかったが

 

でも、いまは理解ができるであろう

 

こんな感じで?

 

じぁなかったら改訂版を出す意味って

 

ないですもんね

 

 

あれっ?あまりにも当たり前のことを

 

私ったら言っている? 笑

 

 

 

私はスピリチュアルに関することを

 

独特な捉え方をすることが多く

 

それは

 

身体の真ん中から湧き上がってくる

 

感情に正直だからなんですね

 

 

魂(ハイヤーセルフ)の声といいますか

 

そういうのを素直に感じ取り

 

無視することはしません

 

例えそれが本の中でいっていることと

 

違うニュアンスであっても

 

自分の感情を無視しません

 

 

そうすると、何かの瞬間に

 

あ~ やっぱりあの時の捉え方で

 

合っていたんだなぁ~って

 

なることがあります

 

 

こういう時

 

やっぱりすごいな♡って思って

 

 

 

心の中でハイヤーセルフに

 

微笑みを送ります

 

そうするとハイヤーセルフも

 

微笑みを返してくれます

 

 

心の中でのやり取り

 

私とハイヤーセルフのやり取りは

 

ファンタジーなことのようで

 

とても 自然です

 

 

 

 

 

ところで皆さんは、

 

龍とドラゴンを一緒にしていますか?

 

 

 

私の中では

 

龍とドラゴンはまったく別の存在です

 

龍は 龍神様ですね

 

神さまの御遣いをしています

 

 

そしてドラゴンはドラゴンちゃんです

 

天使に例えると

 

龍は大天使で

 

ドラゴンは天使や妖精

 

というとイメージしやすいでしょうか

 

大きさでいっても龍というのは

 

 

雲になって現れることもあるくらい

 

圧倒的な存在感がありますし

 

龍の力は計り知れません

 

 

 

それに比べてドラゴンちゃんは

 

私の印象では人間の大きさに近いかも

 

 

 

 

 

私たちはこのような

 

目に見えない存在たちに護られていて

 

その護りというのは

 

護ってくれる存在たちの役割によって

 

違うんですね~

 

 

 

どちらにしても

 

護られています

 

それはそれは

 

護られているのですよね~ (#^.^#)