鷹のはなしは嘘だったのかぁ

 

 

きっと皆さんも聞いたことがあるはず

 

鷹は最初の寿命のときに

 

半分の鷹は死んでしまい

 

35歳を乗り越えた鷹は

 

あと35年(70歳まで)生きられる

 

 

どのようにして生死を分けるのか?

 

老化した爪とくちばしと羽を再生する

 

自分で・・・

 

それは壮絶なプロセスを現わしていて

 

 

石に爪をぶつけて折り

 

口ばしで羽を抜き

 

最後に石に口ばしをぶつけて折る

 

それによって古い肉体が去り

 

新しい肉体、新しい自分が再生される

 

このようなことのようです

 

 

私がこの話を聞いたのは

 

わりと最近で、3~4年前かな

 

その当時は動画もあったんだよね

 

 

ショックと感動と勇気

 

一言でいうとこんな気持ちになったよ

 

 

でも、現在、この話は嘘で

 

作り話なのだという

 

 

これを知って、私思ったのね

 

 

嘘でも、ほんとでもよくない?

 

 

この世界に鷹が76億羽いたとして

 

その中でたった一羽だけが

 

このプロセスに挑戦するのかもしれない

 

そして、その後の35年間は

 

まさにスピリット(魂)に目覚めた

 

本当の自分で生きるという

 

奇跡であり、魔法の35年間を生きる

 

 

 

かもね

 

 

 

嘘でもほんとでもどっちでもいい

 

心が喜ぶほうを信じたい

 

この話が私に齎してくれたものは

 

感動と勇気だった

 

私は

 

奇跡や魔法を信じまーす

 

 

こんな鷹がいたとすれば

 

鷹の世界の

 

イエスさま、仏陀さまだよね

 

これこそ本当の次元上昇

 

魂のアセンションだよね

 

 

今日もぶっ飛んだ話でした~