天国へ行くとき

 

 

 

東京に住んでいる友人のお母さまが

 

もう2か月も前に他界なさっていて

 

その連絡をもらいました

 

 

友人があまりにも落ち込んでいて

 

地球にひとり取り残されたようで

 

淋しくて、悲しくてと

 

泣いているのです

 

 

そんな友人のために

 

本気リーディングをしました

 

 

 

 

 

タロットを2種類使い

 

一枚はお母さま

 

もう一枚は友人にと意図して

 

 

 

 

 

私は生きている方も

 

亡くなっている方も同じであると

 

理解していますので

 

 

今回リーディングをするにあたり

 

友人のお母さまをお呼びしましたが

 

来てはくださらなかったのです

 

 

しかしお母さまのハイヤーセルフが

 

来てくださいました

 

まだ天国に行っていないお母さまは

 

私のところに

 

来ることはできませんでした

 

 

お母さまも友人も深く傷ついています

 

 

コロナ禍の中での入院で

 

2カ月も面会できないまま

 

もう、危ないと聞かされた友人は

 

病院の窓口を振り切って

 

会いに行ったそうです

 

ガラス越しでしたが

 

お母さまと会えたようです

 

その翌日にお亡くなりになりました

 

 

しかし2カ月経ったいまも

 

まだ天国へ行っていません

 

 

天使からメッセージを受け取り

 

友人に伝えました

 

 

とにかく

 

おふたりとも深く傷ついていて

 

そんな中で出てくるカードにも

 

涙が流れます

 

 

生前に、死というものを

 

どう捉えているのか

 

これは、人それぞれが身を置いている

 

次元によって違っています

 

死とは、終わることではないのです

 

 

還ることなのです