· 

「あるがままに生きる」を読んで

 

 

昭和ど真ん中生まれの覚醒道

 

この枠みたいなものは

 

本当は無いので、どうぞ枠を外して

 

この本を購入、そしてお読みください

 

この本はバイブルとなるはずです

 

 

 

いつしか私はこんなことを

 

何度も囁いていました

 

「神さまには感情はないのだろうなぁ」

 

 

感情がないから、私たちが苦しくても

 

悲しくて泣いていても

 

決して助けてはくれないのだろう

 

 

ただ私たちに必要な

 

こと、もの、を宇宙から送り出し

 

一日24時間途切れることなく

 

送り出してくれているのではないか

 

 

それを受け取れる人は

 

意識的、無意識的に

 

神さまとパートナーシップを結び

 

意識的、無意識的に受け取っている

 

こんなふうにね、思っていたのです

 

 

で、受け取れない人は

 

やはり頭の中が忙しすぎて

 

もったいないことにスルーしてしまう

 

こんなふうにも思っていました

 

 

あるがままに生きる

 

その返事が、この本にありました

 

直接書かれていたのではなくて

 

私特有の感性で気づきを得て

 

神さまから返事をもらいました

 

以前にも本から返事をもらいました

 

ラムサ 真・聖なる予言から

 

 

 

 

愛と愛情はまったく別物

 

ここを読んでいて

 

あっ!!これは神さまからの答えだな

 

そう思ったのです

 

 

つまり、情が邪魔をするのですね

 

愛情から情を外すと

 

愛になり

 

愛とは無条件の愛

 

条件付けのない大いなる愛ですね

 

そこには厳しさと優しさがあります

 

 

ここに情が入ることで色々なことが

 

ドロドロとしてくるのです

 

 

で、これを読んで思ったのが

 

感情ですよ

 

感情から情を外すと

 

それは

 

ただ、あるがままに感じるとなる

 

 

神さまは私たちのすべてをみていて

 

ただ、あるがままに感じている

 

 

そっかぁ~ ♡

 

感じてくれていたのかぁ~

 

ってね (#^.^#)

 

 

 

この本は友達と話していて

 

薦めてくれた本です

 

一昨日Amazonでぽちっとして

 

昨日夕方に届きました

 

読みだしたら(声に出して)

 

一気に半分もスラスラと進み

 

なんて、なんて面白い本なんだろうと

 

思いました!

 

 

思わず生徒さんとか、友達とかに

 

LINEを送りまくって

 

絶対に読んで!と言いました

 

 

なんだかんだ3時間くらいで

 

すべてを読み終えて

 

いま、また読み返したくなっています

 

 

 

 

なんと、関西に住んでいるお友達は

 

「私の大好きな本です

 

昔に読んだことがあります」

 

というのです

 

すごい!やっぱり只者じゃないなと

 

思いました

 

 

スピリチュアルに興味のない人です

 

もう一度読んでみると言ってました

 

いま、お友達は大分

 

宇宙に向かって拓いていますので

 

感想が楽しみです 笑

 

 

 

 

この本を読んで確信しましたね

 

みんな黙っていても目覚める

 

直感や閃きの力を呼び戻せ!ってね

 

 

 

私は、神さまから

 

あるエネルギーを授かってから

 

耳で捉えるチャネリングではなく

 

エネルギーで捉える

 

チャネリングに変わっていきました

 

あるエネルギーとは

 

特徴として顔が動くのです

 

 

YESだと瞼がパチパチパチっとなり

 

NOだと 瞼をぎゅーっと圧されます

 

と~っても、とってもYESだと

 

高い波動でパチパチパチパチ♪です

 

と~ってもNOだと

 

ぎゅ~~~~~~っと圧されます

 

(気持ちいいです!自力整体みたいで)

 

 

 

ですからYESかNoかは

 

訊いているそばから返事がわかります

 

 

しかし長いチャネリングに関しては

 

読み取るという作業が必要で

 

直感や閃きが大事になるわけですね

 

 

それが、今年1月のある時から

 

顔で返事をもらう

 

一見、甘やかされたチャネリングは

 

終了していまして (*_*;

 

いまは直感と閃きだけです

 

 

これを研ぎ澄ますためにも

 

いま、私がせっせとやっているのは

 

不要なものをどんどん終わらせて

 

手放すことなのです

 

 

この本を読むことは

 

未来では決まっていて

 

私はベストなタイミングで読んで

 

そして、強く実感しているのです

 

 

直感や閃きで動いていこう!ってね

 

 

 

あるがままに生きる

 

すべての内容が素晴らしいです

 

是非お読みくださいませ

 

直感と閃きで生きる決心がつきます

 

 

これまで頭が主君

 

直感や閃きが従(けらい)だったのを

 

これからの時代は逆にして

 

直感や閃きが主君

 

頭が従(けらい)思考・マインド

 

これって、すごく自分に

 

スイッチ入る言葉ですよね

 

👍